それぞれの航空券利用上の注意事項。

Blog Templates陸路では数日かかる距離を、数時間で移動する事が出来る飛行機は多くの人にとって身近なものとなっています。飛行機を就航させている航空会社には様々な種類や特徴があります。また予約や購入の方法、空港に着いてからの手続きにも若干の違いがあります。
昔から多くの人に親しまれて来た大手の航空会社は、機体自体が大型である場合が多く機内サービスなども充実しています。最近では機内でもインターネットが出来たり、前の座席の背もたれ部分にモニターが着いており映画などを楽しむ事が出来ます。ハイクラスシートも充実しています。このような会社の航空券は旅行代理店などでも扱っているため、予約に関する手間を省く事が出来ます。LCCと呼ばれる比較的新しい航空会社の場合は、とにかく航空券が安い事が特徴です。機体は小型のものが多く、機内サービスやハイクラスシートも省かれている事が多いです。予約もインターネットでのみ扱う事によりコストを削減し、利用者に航空券を安く提供しています。
それぞれ利用する際の注意点として、大手航空会社はLCCに比べ料金が高額なため早めの予約が大切です。LCCは大手航空会社よりもチェックインの締め切り時間や搭乗口への集合時間が早めに設定されている場合が多いので、時間に余裕を持って空港へ向かう事が大切です。